・ツンデレお嬢様のご褒美フェラ

……アナタ、ちょっとこっちにいらっしゃい。
聞くところによるとアナタ最近よく働いてくれてるみたいじゃない……?
だからその……ご、ご褒美をあげようと思って……。
ナ、ナマイキに遠慮なんかするんじゃないわよ!
ご主人様がくれるっていうものは大人しく貰っときなさい……!
そ、そうよ……。それでいいのよ……。
じゃ、じゃあ……ズボンと下着を脱ぎなさい……。
何でって……、いいから! 主人の命令よ! 私の言うことが聞けないっていうの……!?
そうよ、さっさと脱げばいいのよ。まったく……。
ふん、ナニよ……。貧相なおちんちんぶら下げちゃって……。
じゃあご褒美……あげるわね……?
動かないで大人しくしてなさい……。
男ってこうされるのが……好きなんでしょ……?
だから、してあげるの……。
はむっ……んっ……じゅぷ……。
何よコレ……くさいわね……ちゃんと洗ってるの……?
おちんちんの皮ムイたら中は汚れでいっぱいじゃない……。
自分の体も清潔にしておけないなんて使用人失格よ……?
ダメな使用人ね……。主人の私が直々に……んむっ……キレイにしてあげる……じゅるっ……。
はふ……ん……ちゅる……じゅじゅ……じゅぶるっ……じゅちゅう~っ……。
はあふ……こんなに……白いのいっぱい……取れたぁ……。
ぐちゅ……ぐちゅ……はむはむっ……。んっ……こくっ……こくっ……。
え? こんな汚いもの食べちゃダメ……? い、いいのよ……! 私がそうしたいんだから……。
それにあなただって本当は、私におちんちんの汚れ、食べて欲しいくせに……。
そうなんでしょ? 自分のお仕えするお嬢様に、汚いおちんちんの汚れ食べてもらって興奮したんでしょ?
だからこんなにおちんちんおっきくなっちゃったんでしょ?
分かってるんだからぁ……。この変態使用人……。
はむっ……ちゅう……じゅぷっ……じゅじゅっ……。
アナタこうやって私におちんちんペロペロしてもらうこと、ずーっと妄想してたんでしょ?
んむぅ……れる……ちゅっ……ちゅるるっ……。
そうやって妄想しながら、毎晩毎晩自分で自分のものを慰めていたんでしょ?
れろっ……ちゅる……じゅぷっ……れろっ……。
妄想が現実になった気分はどう……? 自分のお仕えするお嬢様におちんちんしゃぶってもらう気分はどう……?
んれろっ……じゅる……れるれる……じゅぷぷ……じゅる……じゅぷじゅぷ……。
え? お嬢様がこんなことしちゃいけない……?
い、一介の使用人風情が私に指図するんじゃないわよっ……!
じゅぷ……じゅるじゅっ……じゅぷじゅぷっ……じゅるるっ……じゅじゅじゅ……。
こ、これはアナタの仕事ぶりに対してご褒美を与えてるだけなんだからっ……。
じゅるじゅるじゅるっ……じゅぽじゅぽっ……じゅぽぽっ……じゅぽじゅぽじゅぽっ……。
だから、私がアナタに好意を持ってるとか、そんなヘンなカン違いしないでよねっ……!
じゅぷぷっ……じゅるじゅるじゅる……じゅるるんっ……じゅ、じゅ、じゅ~……。
財閥の令嬢である私が、一介の使用人ごときに好意を持つなんてありえないからっ……!
んむっ……ちゅる……ちゅぷ……じゅるじゅるっ……じゅぷぷっ……じゅぷじゅぷ……。
アナタのことなんて好きになるわけ無いでしょっ……!
じゅぷっ……じゅじゅじゅっ……じゅるじゅるじゅるっ……じゅじゅじゅっ……!
ヘンな事考えてないで、アナタはただおちんちんチュパチュパされてアヘアヘよがっていればいいのよ……!
んむうっ……じゅるるっ……じゅぷ……じゅぷじゅぷじゅぷっ……じゅぷじゅぷじゅぷっ……!
出そう……? 射精しそうなの……?
口を離して……? ダメよ……そんなのダメ……。
アナタが私のクチの中で射精するまで、終わらないんだからっ……。
んっ……じゅぼっ……ちゅるるっ……じゅぼじゅぼっ……じゅっ……。
命令よっ……! 私のクチの中で出しなさいっ……!
じゅぽっ……じゅぽっ……じゅぽっ……じゅぽっ……!
私の命令が聞けないっていうの……! 射精しなさいっ……! 私のクチの中にどぴゅどぴゅ射精しちゃいなさいっ……!
じゅっ……じゅじゅっ……じゅるっじゅっ……じゅじゅじゅっ……!
じゅぼ、じゅぼ、じゅぼ、じゅぼ、じゅぼ、じゅぼ、じゅぼ、じゅぼ、じゅぼっ……!
じゅぼじゅぼじゅぼじゅぼじゅぼじゅぼじゅぼじゅぼじゅぼじゅぼじゅぼじゅぼっ……!
じゅぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼっ……!
んっんう~っ……! んっ、んっ、んっ……!
んっふっ……ふう~っ……。
も、もうバカァ……、出せとは言ったけど、まさかこんなに出すなんて……。
見なさいよぉ……。私のクチの中いっぱいにあなたのザーメン溜まっちゃったじゃない……。
私のおクチはアナタのおトイレじゃないのよぉ……。
分かってるわよぉ……。期待してるんでしょお……。
自分のお仕えするお嬢様が、自分の精液残らずごっくんしてくれること、期待してるんでしょお……?
いいわよぉ……飲んであげるぅ……。
ファーストキスもしたことない箱入りお嬢様がぁ……、使用人のザーメン全部飲んであげるぅ……。
んぐっ……こくっ……んっ……んくっ……。
ヤダぁ……粘っこすぎて飲みこめないよぉ……。
ぐちゅっ……ぐちゅっ……。歯で噛んでぇ……唾液と混ぜ合わせてぇ……んじゅるじゅっ……ぐちゅっ……。
んっこくっこくっこくっこくっこくっ……。
ふはぁっ……けほっ……けほけほっ……。
も、もう……やっと飲み込めたぁ……。
あ~ん……。
ほら見てぇ……。おクチの中のザーメン全部飲み込んじゃったよぉ……。おクチの中、全然残ってないでしょぉ……。
ふぅ……。
アナタってザーメンまでお下品なのね。あんなにドロドロして飲みにくいなんて思いもしなかったわ……。
ハイ、これでご褒美はおしまい。
いい? これからも私のためにしっかり働くのよ。
頑張って働いたら……また……その……ご褒美あげるから……。
こんなことしてあげるの……アナタだけ……なんだからね……。
べ、別に深い意味なんか無いわよ……! 変なカン違いしないでよっ……!
いつまでぼーっとしてるのよ! 早く仕事に戻りなさいっ!
……ホントにいっちゃった……。もう……ニブチンなんだから……。
……バカ……。

【DLsite.com様】





 

 

【DMM.R18様】





 

 

【DiGiket.com様】





 

 

【MelonbooksDL様】





 

 

【DL.Getchu.com様】




 

 

【Gyutto.com様】





 

 

JWordクリック募金